2017 XL1200X 48 カスタム

2017 XL1200X 48 フォーティーエイトのカスタム紹介です。
48のカスタムお考えの方はご参考にいかがでしょうか?

DSC_0528_1

DSC_0527_1

DSC_0532_1

DSC_0536_1

DSC_0540

DSC_0541

DSC_0538_1

DSC_0539_1

DSC_0535_1

今回のカスタムのポイントの一つがハンドル交換です。
48はハンドルライザー一体型トップブリッジのためハンドルとハンドルライザーの選択肢がとても狭まられてます。
そこで社外の49mmフォーク用ライザー別体トップブリッジのパーツチョイスでハンドルライザーの交換を可能としました。
それに伴いライザーマウントだったメーターをエンジン脇に配置することでハンドルまわりのスッキリ感を演出。
シートがある程度高い位置にあるフレームなので10インチライザーも高すぎることなく、48の前傾姿勢になるノーマルポジションよりとてもしっくり来る乗りやすいポジションになりました。
シートもシングルシートからタンデムも可能なダブルシートへ変更。

DSC_0529_1
エアクリーナーとマフラーの変更でエンジン周りもスッキリ。

DSC_0531_1

DSC_0530_1
マフラーはマグナフロー&アレンネスのドラッグパイプ

サンダーMAXでコンピューターチューン
こちらのマフラーはレース用で公道使用不可です。
レース用マフラーの使用は各レースでお願いします。
VDA2018シリーズ最終戦のエントリーはこちらから⇒VDAレースエントリー

現行モデルインジェクションハーレーのカスタムはインジェクションコンピューターチューンを伴う給排気チューンやケーブルレススロットルTBWシステム、BAS配線システム、セキユリティーシステムやECM、BCMなどのコンピューター制御等カスタムもそれに伴ったスキルが必要になってきます。

現行ハーレーの車検、修理、カスタム、チューニングはノーズマシンにお任せください。

.

 

About the author: nose87

Leave a Reply

Your email address will not be published.