パンヘッド フォーセール

どぉも、まっつぁんです。

県外出張から今朝戻ったので、すいませんきのうはBLOGお休みでした。

旧車の代表格と言えばショベルでしょうか?中でも「コーンショベル」、「オルタネーターショベル」、「レイトショベル」と言われる1970年以降のショベルですかね?
パンやナックルに比べて若干安いのと手に入れやすい点で旧車の中では数がおおいですね。

そんな中、「少しでも数が少ない旧車がいい」、「あのロッカーカバーの造形がかっこいい」、なんて方がパンを欲しがるのでは?
まぁ、私もその中の一人でした。

パンと言っても48年~65年までの17年間も作られていたのでけっこう年が変わるといろんなところが変わってます。

パンが欲しいって方で年式こだわって探してる方は少ないのでは?

フロントフォークは皆さんお分かりのとおり、

フレームは大きくわけて3種類48からのリジットフレームと58からデュオフレームと65エレクトラグライドのみ4速フレーム。

ミッションは65のみメインシャフトがアリーと同じ長さ

肝心のエンジンは
ヘッドが大きくわけると54までのインマニをでっかいナットでとめるタイプ、62までの後期インサイドオイラー(ヘッドにへ行くオイルラインが高温になるシリンダー内部を通る)
63からのアウトサイドオイラー(ヘッドへのオイルラインがクランクケースからパイプが出てヘッドへつながる)

クランクレフトサイドベアリングが56からテーパーベアリングになる。

あとはDリングの有り無しと高さ、カムカバーのリブの数なんかが変わってきます。

やっぱり年々進化してるのがよくわかりますね。

機能的に言えば63からのアウトサイドオイラーが一番いいですが私はアウトサイドオイラーのオイルラインを邪魔に感じてしまうので56~62までのエンジンが一番好きです。

個人的に言うとリジットパンが欲しいなら56~65までのエンジンが乗ったリジットパンがお勧めです。(65はクランクケースとミッションケースがアーリーに近いものになりますが)

高年式のほうが状態がいいものが多いです。

そこで、いいのが出てきたので、きのうは遠くまで自分の目で確かめ、1961年式パンヘッドを買い付けに行ってきました。

ウチにあるリジットフレーム乗せてスプリンガーつけてみました。

輸入新規のため3年車検つきます、カスタム系でもボバー系でも、エンジン、ミッション、当店にてフルオーバーホールします、ニューペイントします。

↑ここまでやって完成乗り出し税込300万以内でつくりたいと思います。

カスタムフレームもご相談ください。

オーダーお待ちしております(^oo^)V


 

About the author: nose87

Leave a Reply

Your email address will not be published.